LOG IN

第1日目 Pick up Game「VANISHING POINT vs BONDS」ゲームレポート

by design&wit キサブロー 三重ベテランフットサルリーグ

今シーズンの開幕カードのひとつとなった「VANISHING POINT  vs  BONDS」の一戦。
主力がほぼ揃ったVANISHINGに対し、交代1名と苦しい布陣のBONDS。
しかし、BONDSも懸命なプレーで試合は拮抗。

VANISHING:上中別府選手、BONDS:奥野選手の両ゴレイロの活躍もあり、1点を争うゲームに。

BONDSはゲームメーカーの08.長岡選手がゲームを組み立て、エースの22.浜林選手がゴールに迫る。

対するVANISHINGは11.宮脇選手、16.松原選手、20.脇選手ら攻撃陣がゴールに迫るも得点には至らず。
スコアレスの展開が続く。

このままスコアレスで試合終了と思われた残り数分で試合が動く。
VANISHINGはゴレイロの上中別府選手が前線へ大きくフィードすると、12.中川選手がこれに反応。
後ろ向きの状態から反転しながらインサイドで逆サイドネットへ流し込む技ありの一発で
試合終了直前にVANISHINGが値千金の先制点をマーク。

BONDSも最後まで諦めずに反撃を仕掛たものの、残された時間はあまりに短く・・・
VANISHING POINTが見事開幕戦を勝利で飾った。

この後に行われた第2節でも、昨シーズン準優勝・過去四冠のBARに引き分け、
初日で勝ち点4を獲得し、暫定4位につけたVANISHING POINT。
平均年齢40.8歳。45歳以上のプレーヤーを5名も抱えるリーグ最高齢チーム。
今シーズンも易々と若者に華を持たせるつもりは無さそうだ。


design&wit キサブロー 三重ベテランフットサルリーグ
OTHER SNAPS